新劇場版 世界の果てまで行って:破

新劇場版 世界の果てまで行って:破(仮)

このブログは、特撮オタクの私が、5年半努めて勤めた会社をやめて、ユーラシア大陸をめぐる物語である。〈背景のモデルはフルスクラッチです:自慢〉

第十七話 Cの衝撃/非常なる職務

出立15日目 中国12日目 昆明3日目~大理1日目

 

ちょぅいーっす。

そんなわけで、本日はかの大理国の名残を残す・大理への移動。

 

上海~桂林、深圳東~昆明でも使用した、ベッド(硬臥)付きの鉄道を今回も使用。

6時間の旅だったため、今回は硬い座席の硬座で移動したが、

起きていたために、あることに気づきました。

制服を着た乗務員が、実演販売をしている。

何言ってるかわからんと思うので、詳しく言うと、

・日本の新幹線のように車内販売をしている

・ドリンク・おつまみ系等の定番のほか、そこで作ってきました的な麺類やご飯ものも販売している

→ここまではわかる

・鉄道のおもちゃ等のお土産品も販売

→ちょっと意味わからんが、トラベル何とかっていう、通販用の冊子が、長野新幹線にはあったので、東日本系には通販とはいえ、ある

・家庭用品の実演販売

→は?

 

眼鏡をかけた中年乗務員、吸収力抜群のタオルを入れたかごを引っ提げ登場。

(しかも私の席の隣で開始)

一通り商品の説明をすると(したと思われる)、ペットボトルに入れられた水を盥にあける。

そして頭からドボン!

えぇっ!?ドシテー!?(エリー風)

そして濡れた頭をタオルで拭いて、ほらこの通り!

……いや、わかんねぇよ。

さらに絨毯の切れ端を取り出したかと思うと、盥に突っ込む。水を吸う絨毯。

それを取り出してタオルに乗せ、お腹のところで巻物のように巻く。

ああっ、制服が濡れてるじゃんか!いいのかよ、こんなことで!

しかし気にすることなく巻いたタオルを盥の上で絞る!

ほら乾いてるでしょ、と差し出される絨毯。

いや、確かに乾いているけど!俺には乗客の乾いた視線と濡れたアンタの制服の方が気になるよ!

 

寝てる客もいる中で、突然の大声で始まる実演販売。

中国の方々離れているのか、ほぼノーリアクションでスマホとか見ている状況。

おい、一体なんで彼らはこんなことしてるんだっ!?

売れたら彼らのマージンにでもなるのかっ!?

いくら給料がよかったとしても、こんなパフォーマンスまでやらされるなんて。

日本鉄道マンもハードだが、中国はその数倍シンドそうだ。しかも本業以外の面で。

こんなの、誰が買うんだよ……と、なんだか哀れな目で乗務員を見ていたら、

隣の姉ちゃんが買った。

他にも何人か手を出している。意味あったのか、そうか。日本じゃないもんな。意味なきゃやんないよな。

 

そのほかにもベルトやら酸素吸引機やら、わけのわからないものが次々と、そう、次々と実演されていくのだ。6時間中3時間くらいずっと。

お前ら、本業はどうした。

私は日本人なので、発想も島国的で申し訳ないが、私が経営者なら、乗務員減らして販売もなくす。

記憶を遡ると、昆明行きの列車でも何か大声で怒鳴っていた気がするなぁ……。

 

おや、旅に関係ないことでほとんど埋まっちゃいましたね。

なんせ衝撃だったもんで。

 

さて、大理は少数民族の白(ペー)族がたくさんおるんですねぇ。

彼らは白を最も尊い色としているので、街中白だらけです。

さて、移動後にはほとんど日が沈んでいたため、夜の洋人街しか行ってないです。

まぁ、お土産の屋台が多い。

 

そんなわけで、明日は早めに起きて観光するぞー!