新劇場版 世界の果てまで行って:破

新劇場版 世界の果てまで行って:破(仮)

このブログは、特撮オタクの私が、5年半努めて勤めた会社をやめて、ユーラシア大陸をめぐる物語である。〈背景のモデルはフルスクラッチです:自慢〉

第三百三十八話 Sまでにしたい10のこと / 日が沈んでからの日の沈まぬ国

出立177日目(通算427日目) スペイン2日目 マドリード1日目

 

やべっ!寝かせすぎた!はい、スペイン着くところからですよ~

 

 朝もきちんと食事が出てありがたい。アルゼンチンのバスとは違うね、やはり。隣の人に「今日はおかわりしないの?」とか聞いてやりたかったぜ。

 

さて、飛行機は昼過ぎにスペインはマドリードへ。

しかし荷物が出てこない。確認してみると、上海まで一気に行くという。おいおいそりゃないぜ!なんせ乗り継ぎに23時間あるからホテルとったが、必要なものは大きなバッグの方だ。

お願いすればピックアップできるというのでそうした。

「あと10分で来る」と言われてから1時間後に現れるバッグ。スペインにウルトラマンがいたら、かなりの長時間戦えそうだ。

しかしこの時の僕は、まさかこの判断が悲劇を呼ぶことになるとは、思いもしなかった……。

 

さて、空港から市内への移動は数あれど、今回撮ったホテルがメトロ駅近くなので、メトロを選択。

しかしこのメトロ、空港から市内へは4.5~5€で行けると聞いていたが、別途カード(2.5€)が必要。マドリードよ、お前もか。

どうもコイツ等の真似してるんじゃないか、南米主要都市。日本も少し前はICカードに互換性なかったけど、切符買えましたからね。状況違いますからね。

 

そんなブーたれながらホテルに向かい、チェックイン。しかし複雑な電子キーが、手順通りにしても全く開かずに、スタッフの元へ2往復。

1日しか滞在しないので、さっさと観光に出掛けたかったが、なんだかんだで16時を回る……。ま、まぁいいや、愚痴言ってないで出掛けよう!

 

f:id:haruki0091:20180109160349j:plain

マドリードはスペインの首都。9世紀後半にムハンマド1世によってイスラム征服地北の砦として建設されたことに始まり、マジュリートと呼ばれる小さな集落だった。11世紀後半にカスティーリャ王国によってキリスト教徒の手に奪回された。

1561年、フェリペ2世は宮殿をこの地に移し、ハプスブルクスペイン帝国の首都となったのだ。ということで、歴史的な表舞台に出始めたのは、南米の諸都市の建設と大差ない。

 

f:id:haruki0091:20180109160327j:plain「Pueta del Sol」は太陽の門を意味する、街の中心的広場で、各地方へ向かう国道の中心に位置する。

f:id:haruki0091:20180109160726j:plain
クリスマス当日ということで、ツリーもあり、夜はこんな感じに。f:id:haruki0091:20180109160844j:plain

さらにマドリードの紋章である、熊と山桃の像があり、待ち合わせ場所になっているとか。

日本でいうハチ公的なもんですな。

 

その辺をブラブラ。

……うん、さすがヨーロッパの元・日の沈まない帝国。オシャレwwちなみに中国人にコリアン、日本人といったアジアンが滅茶苦茶いて、南米との違いを見せつけて来る。いや、まぁ、そりゃそうだよな。

 

f:id:haruki0091:20180109160411j:plainオリエンテ広場から 

f:id:haruki0091:20180109160455j:plain

王宮へ。フランスのヴェルサイユ宮殿で育ったブルボン王朝初代国王フェリペ5世は、焼失したハプスブルク王家の宮殿跡にフランス・イタリア風の宮殿建築を命じ、1764年に完成を見る。

普段は中を見ることができるようだが、クリスマスのため、当然閉まっていた。

 f:id:haruki0091:20180109160433j:plain

その向かいにはカテドラル。ブルー基調の外観が美しい。

なんかアレ、これ見ちゃうとやっぱり南米のは見劣りするというか、初代と2代目のゼットン見比べてるみたいな感じしちゃうよね……。

 

f:id:haruki0091:20180109160519j:plain

町中の教会群も、やはり印象が違う。

 

f:id:haruki0091:20180109160540j:plain

そしてメルカドを発見!まさかスペインにもあるとは……って、こっちが発祥か。

f:id:haruki0091:20180109160602j:plain

中ではハムやチーズの店が多く並び、その場でワインを傾けられるバル形式に。

ま、ここ以外のハム屋さん……確かチャルクテリアだっけ?まいにちスペイン語で出てた気がするが、そこでも同じ様にワインとかビールと一緒に摘まめる。

一品1.5€くらいからあってリーズナブルでいい。が、混み過ぎているし、ここで食べたら逆に一人が際立つ!やめだ!

 

f:id:haruki0091:20180109160636j:plainだんだん暗くなってきた。シエスタの時間が終わったのだろうか。

f:id:haruki0091:20180109160755j:plain
クリスマスの割に店が開いていたので、退屈しない。そりゃそうだよな!稼ぎ時だし!

 

f:id:haruki0091:20180109160819j:plain

商店街の途中で楽団がクリスマスソングを演奏。うーむ、ヨーロッパと言うだけでオシャレ感が……。

 

f:id:haruki0091:20180109160658j:plain巨大な蜘蛛。クモンガ!と言いたいところだが、セアカ?微妙か。シアター的なところだ。劇場が結構あるのは、さすがヨーロッパ。

 

ということで、暗くなったからもう一周して、バルへ。f:id:haruki0091:20180109160904j:plain

赤ワイン1.8€。ワインが安いのは日本とは大きく違うね。

ザ・バル的なタパスがない店に入っちまったのだが、突き出しでピーナツ付き。生ハム食べたかったのでサンドイッチにした。2.5€だったか。おいしかった。

隣の席では日本人の野郎二人でパエジャをつついているという、奇妙な光景に出会った。彼らは一体どういう関係なのだろうか。お互い日本人のくせに偶に英語でやり取りしていて、2秒くらいイラついた。

 

何だかんだで3杯飲んだが、2杯目以降は並々注いでくれてナイスサービス。

ちなみに、ここの店員も中華系っぽく、移民が多いのが伺える。

 

f:id:haruki0091:20180109160936j:plain

ああ、いいね。

 

宿に戻り、残った食材の消費としてちょっと買ったトマトと一緒にシーチキン炊き込みご飯にして、ビールと一緒にいただいた。

この宿に日本人2人がいて、ダンスで稼ぎつつ旅しようと思います!みたいな若者がいた。英語は全くだが、コミュニケーションをガチで取りに行こうとする姿勢が素晴らしい。これが若さか。

 

彼と絡んだために、残り僅かなコミュニケーション意欲をフル活用し、さらに振る舞いサングリアがあったので、寒空の下最後の夜を満喫した。

 

かくしてベッドにもぐりこんだ私。この旅で最後の外国の空の下は……曇っているな。

 

この時の私は、まさか翌日以降にあんな悲劇が起こるなんて、想像もしていなかった。

お、終われない!!

 

 

故郷の大地が、我を呼ぶ!

第三百三十七話 Cの戦い / 描いていた理想

出立176日目(通算426日目)チリ6日目 バルパライソ2日目~サンティアゴ3日目

 

 

宿の朝食はパンの他にフルーツにヨーグルトにジュースに、とにかくフレッシュ系が豪華であった。ありがたい。本当にありがたい。

 

さて、Sちゃんらとの待ち合わせをしつつ荷物のパッキングをしていたが、飛行機ということもあっていろいろやっている内に一緒に行こうと言っていたフリーツアーの開始時間を通過。

急いで追ってみたが、追いつくことはできなかった。まぁ、他にもツアーあったのかもしれないし、結局こういう定めなんですな、私のクリスマス。

 

さて、悲観していても仕方ない。宿のチェックアウト時間が迫る中見たものと、チェックアウト後に見たものをまとめて紹介しよう。

 

何故まとめるのか。それがこの街たるゆえんだからだ。

 

まずは我がホテルから。

f:id:haruki0091:20171226073359j:plain

レムリア……。いいですね、特撮オタ的にはボウケンジャーとかが浮かびますが、そこじゃなくて、この壁の絵。

f:id:haruki0091:20171226073436j:plain

こっちはSちゃんらのホテル。

そう、このバルパライソは「アートの街」として知られ、街中至る所に様々な絵が溢れているのだ。

 

f:id:haruki0091:20171226073828j:plain

こっちはホテル近くのもの。特に右側、何となくですが芹沢博士とゴジラ感ありますよね。

どうでもいいですけど「オキシジェン・デストロイヤー」ってスゲーセンスですよね。70年以上前に痺れるネーミングをする人がいたものです。

 

f:id:haruki0091:20171226073516j:plain

近くのカフェ。おしゃれ~星の王子さまとか、BSの再放送のアニメ見てましたけど、面白いよね。いいな、高いから行かないけど。てかこういう店で海鮮楽しみたかったんですけどね!メルカドなら安いだろうと思ったら、日曜日じゃねえかみたいな、もう海鮮食えない定め。

 

f:id:haruki0091:20171226073547j:plain

その隣のこちら。前日に宿に帰った際、上のベッドで寝ていたブラジル人がいて、彼と話したのだが、何とその彼の作品。どうやらこれで飯を食っているらしく、ハワイで仕事したこともあるらしい。なんでそんな話になったかといえば、日本が大好きだという彼が一番日本人を見たのがそこだから。やっぱりそうなのね。

あとちょっとで帰るというのに、彼をはじめとした宿泊者が「SAKE、いいよね」とか言い出した時には苦しんだ。知ってるよ!今一番欲しいから!

 

いやぁ、最初に部屋入ったときに「なんでスプレー缶こんなにあんねん。こっわ、世紀末かよ」とか、この街の特色忘れて思いましたが、冷静に考えれば描いている人がいるわけで、心の底から納得。

f:id:haruki0091:20171226073641j:plain

f:id:haruki0091:20171226073714j:plain
階段アートも多い。

 

f:id:haruki0091:20171226073855j:plain

こちらは前日に行ったところで、今回絶対押さえておきたかったところ。HAINというお土産屋さん。

もうすごいでしょ、見た目からして。なんかこう、星人っぽいというか。こんな変態みたいな感じの見た目から申し上げにくいんですが、パタゴニア地方の先住民なんです。

 

「ヤマナ族」と誤解している人が多いんですが(ブログでもそう。近いから混同したんじゃないかという説)、正確にはセルクナム族。彼らは裸にペイントしていたらしいのだが、服を着たことで衛生状態が保てなくなって滅びた、というトンデモ話があるらしい。

実際には混血や虐殺、伝染病など、それこそよくある事象の積み重ねが招いた結果なのだが、この奇抜な見た目と相まって、服を着たから滅んだの方が面白い、というのはよくわかる。

 

ちなみにここのお土産は日本の観光地並みかそれ以上の理不尽価格なので、買うのは諦めた。

f:id:haruki0091:20171226073929j:plain

ほかにも、ホテルの外壁にこれ。いくつか姿があったようだ。うーむ、こうみると色は違うがヤプールとか、そういう感じよね。

 

ここからはバスターミナルへ向かって、重い荷物を背負ってはぁはぁ言いながら汗流して坂道移動して撮ったやつ。これ見よがしに言うと、荷物は20kg以上(お土産で倍増したね)。

 

f:id:haruki0091:20171226073956j:plain

ゴッホっぽいものから

f:id:haruki0091:20171226074036j:plain

こんなポップなものまで。

f:id:haruki0091:20171226074114j:plain

これは寿司屋だが、寿司感どころか日本感もほぼない。っていうかマネキンの胴体が怖い。

 

f:id:haruki0091:20171226074143j:plain

青空美術館だか。ここに限らず町中が全部こんななので、特別言わなくてもいいだろって感じ。

 

個人的にまあいいかな、ってものを集めたが、これ以外にもたくさん。何というか、本当に落書きみたいなものからアートなものまで様々。ただ、来るまで知らなかったが、日本人の間では「治安が悪い」と言われているそうで、他の南米の街よろしく、坂の上に行くほど貧困層なので、注意されたし。ま、欧米人とかここ大好きだけどね。

 

そんな訳で夜の飛行機なのに、乗り遅れたら終わりだからとビビって昼過ぎにはバスに乗り、サンティアゴへ。日曜日とクリスマスのコンボで案の定店も開いてないので、一気に空港へ。

ここで残ったチリペソの消費を考えたが、うーむ、微妙。日本語話せる店員のいる店もあったが、「ここは全部高いですよ」という始末。そらそうだ!

f:id:haruki0091:20171226074217j:plain

結局ワインとお茶を買って、それでも残ったものでドーナツ購入。

実は初めてDUNKINドーナツ。クリスマス仕様で心を抉ろうとしてくるが、この後乗った飛行機も利用者たくさんいたぞ、欧米人。

 

この飛行機が女性がサンタ帽、男性がトナカイの角を付けて完全にクリスマス意識。照明もか。

さらに携帯のライトで何かして……みたいなのをスペイン語でやっていて取り残される。くっそ!

 

f:id:haruki0091:20171226074309j:plain

夕食時にはうっぷんを晴らすようにサーモンをチョイス!まさかの初&オンリー海鮮wwいやーこのところ外食スーパーパンチだけだったからね。楽しみで仕方なかった!

 

そしてワインとビールのダブルアルコール。

以前キューバのコヒマルに一緒にいったA君が、CAさんの話として教えてくれた、「おかわりよりも一度に言った方がいい」を実践した結果だ。いやー最高!とご満悦していたら

隣の男はもう一食頼んだ挙句、その後の水とかくれる際に更にワインを要求。す、すげぇ。

いや、厚かましいな、とかそういう意味も含めてね。自分が小さく見えたそんな日だった。

 

さて、もう帰る感出してますが、今回のフライトは待ち時間合わせて59時間。

ご、59時間!?ちょっともう少しなんか……ねぇ?

まぁ、安いんでいいんです。映画も見つつ、向かうはスペイン。トランジットが23時間近くあるということで、宿も取ったぞ!とうことは……まさかのヨーロッパでクリスマス&しめかよ!しかも侵略国の首都!

 

そう思うと因縁を感じずにはいられない。っていうこの記事もスペインで書いてますけどね。肝心のスペイン編は日本でUPかな(UPされなかったら、何かあったと思ってください)。

 

情熱の国が、我を呼ぶ!

第三百三十六話 Cの戦い / 聖にまつわるエトセトラ

出立174~5日目(通算424~5日目) チリ4~5日目 サンティアゴ2日目~バルパライソ1日目

 

 

 そんな訳でダニにやられた私ですが、F君は常在菌が悪さをする皮膚の病気を発症していた。なんでも衛生状況の悪い所にいて、脂の摂取が多いと成りやすいのだという。

「アフリカの生活のせいですね。現地人みたいな飯も食ってたし」とのことで、後天的に発症しても一生ものらしい。うーむ、インドで2カ月くらい過ごして帰ったアジア編、結構な人から「カレー臭がする(スパイスの方)」と言われたもんだが、心理的には対応していても、体の方もそうとは限らない。まだまだ学ぶことがあるなぁ。

 

さて、微妙な朝食を終え、荷物をまとめてチェックアウト。ダニのことを伝えると、何かを探し出した。

出てきたのはきちんと検査しました証みたいなもの。いや、そういうことじゃない。現にやられたという事象の前では、君らが検査をしたということが証明できても、いないことの証明にはならないことぐらいわからんのか。

まぁ別に金返せとかってんじゃなく、次の人のために掃除してくれってことなんだけど、どうも責任追及を恐れるあまり本質を見失っている気がする。チリも訴訟大国なんだろうか。

 

さて、出来ていなかった市内観光をしておこう。

 

1541年、黄金を求めてやって来たスペイン人ペドロ・デ・バルディアによって街の基礎が築かれた。この侵略者とその子孫と、先住民アラウカノ族は激しい戦いを繰り広げ、街には城塞跡など、その痕跡を見ることもできるという。

プレインカ周りの展示物など、多くの博物館・美術館が集まる「博物館の街」としても有名。

f:id:haruki0091:20171224210133j:plain

こんな感じでたくさんある。

 

街は大変大きいが、見たいものは旧市街に固まっていたので、午前中で見て回れるだろう。

f:id:haruki0091:20171224205018j:plain「Palace de la Moneda」造幣局として1784年に着工し、1805年に完成。イタリア人の手によるものだという。1846年からは大統領府として使用されている。

 

この宮殿が良く知られるようになったのはチリの911と言われるクーデターだ。1970年、サルバドール・アジェンデが南米初の選挙による社会主義政権を樹立させるも、3年後の9月11日に軍部がクーデターを起こす。ここは最後の拠点となっていたが、炎上しており、現在は修復された姿だとか。映画にもなっている様だ。

 

ここからメインの通りに向かう。

f:id:haruki0091:20171224205110j:plain

何だかオシャレな通り。球状のベンチも面白い。

f:id:haruki0091:20171224205145j:plain

メイン通り。多くの商店が並び、実に近代的。この辺の両替場も結構レートがいい。

 

f:id:haruki0091:20171224205308j:plain

Plaza de Armas(おお、久しぶりの名前!)には中央郵便局や国立歴史博物館などが並ぶ。

 

f:id:haruki0091:20171224205438j:plain

そしてカテドラル。1558年に建てられた、チリ・カトリックの総本山である。

f:id:haruki0091:20171224205517j:plain内部には多くの宗教画や、ザビエルの木像なんかもあるという。そう、あのフランシスコザビエル。ま、見てないけどね。

軍事独裁体制の元、反軍政市民の穏健派は宗教の集まりと称して、ここで打倒策を話し合っていたという政治的な場所でもある。

 

f:id:haruki0091:20171224205601j:plain

市庁舎の前には巨大なクリスマスツリーが。やはりカトリック国。日本のファッションクリスマスとは違い、足元に聖人たちの像がある。きっと今年はイブが日曜日だし、盛り上がるんだろうなぁ。

 

f:id:haruki0091:20171224205718j:plain

北上したところにあるメルカド。観光客にも開かれたところ。昨日のうっ憤を晴らすべく入ってみた。

 

f:id:haruki0091:20171224205805j:plain

中には当然魚や貝が溢れている。

7年前の地球の歩き方では、「ウニ!ウニ!」と声をかけられるとあったが、そんなことはなく、っていうか並んですらいないえーっ!期待してたのに!

 

やっぱり海沿いの街まで出ないとダメか、という思いと、本当に日本人の旅行者減ってるんだろうなぁという、これまで言われてきたことを振り返った。

f:id:haruki0091:20171224205918j:plain

総本山があるくらいなので、教会はすごく多い。

f:id:haruki0091:20171224205953j:plain

これは「Iglesia de San Francisco」。1572年から46年かけて作られたこちらは、増築と修理を行なって19世紀に今の姿になった。雰囲気が他の教会とは異なるのが一目でわかる。

 

f:id:haruki0091:20171224210049j:plain

中央祭壇のソコーロの聖母は最初の支配者ペドロ・デ・バルディビアが携えてきたものだという。ここも博物館になっている箇所があるが、まぁ、見ないですよね。

f:id:haruki0091:20171224210214j:plain

けたたましい音が聞こえてきたら、楽隊だ。サンタ衣装の奴がバスの扉から身を乗り出して、クラクション鳴らして走っている光景もあり、クリスマス感をガンガン出していた。いや、合ってるのか、それは?

 

最後に少し手持ちのドルを両替してホテルで荷物をピックアップ。次の目的地バルパライソへ向かう。

バスターミナルで往復分購入。7,600ペソ。CONDORというところで購入。探せば他にも安い所あるかも。行きと帰りとか時間帯でかなり金額が違うようなので、確認されたし。

13:26発で、15時くらいには到着。あっという間だ。

 

ここからホテルまでは2.5kmくらいなので歩く。坂道なので後半ちょっとしんどかったが、暑さは体感でサンティアゴより和らいだ気がする。海沿いだからだろうか。

 

さて、既に土曜日の16時なので、やっているかわからないが、メルカドを目指す。

しかし7年前の情報。既に廃墟!しまった!

何とか新しい場所を検索成功するが、反対側、バスターミナルの前。ええ……

 

まあいいや、ちょっと観光しながら向かう。

 

バルパライソは海に面したサンティアゴに次ぐ大都市。サンティアゴを築いたペドロさんが、玄関口として1544年に建設。1991年には国会がこの街に移っているとか。

名前は「天国の谷」を表しているとかで、雰囲気のある街並みは世界遺産に登録されている。

 

f:id:haruki0091:20171226073202j:plain

プラット埠頭。多くのコンテナ船が発着する、玄関口を象徴する港。

軍港が近くにあり、軍施設関係を撮影すると、媒体を取り上げられるというが、あんまりにも広く展開しているため、ちょっと撮ったら写っちゃう。写っちゃってるよね。幸い取られなかったけど。

 

f:id:haruki0091:20171226073033j:plain

その手前にマヨール広場。f:id:haruki0091:20171226073108j:plain

奥に見えるのは海軍総司令部。ワンピースなら赤だの黄色だのがいるところですな。

 

メルカドにも開いてるうちに着いたが、魚介が売っている気配がない。どこか別の所で売っているのだろうか。

仕方なくスーパーへ。

魚介の無さに絶望しつつ名残で白ワインを購入。

f:id:haruki0091:20171226073230j:plain

そういえばとワイン売り場を撮影。こんな感じで、スーパーでも品種ごとにコーナー訳があるんだからすごい。アルゼンチンも似たような感じだ。

f:id:haruki0091:20171226073302j:plain

坂の多い街ということで、宿の近くで撮影。教会ももちろんある。

 

ここでSちゃんとAちゃんに会う。

実はここに来るにあたって、彼女たちの後押しがあった。

テイスターズでボデガ巡りをしている間にJ君が二人をバリローチェに誘っていた話をしたと思うが、「そういえば君は……」と聞かれたのだ。

「いや、イブに飛行機で移動するけど……」といったところ、「ありえない!」となったのだ。いや、有り得ないとか言われても、有り得ないから安かったんだろうが、「そんなの悲しすぎる!」という反応なのだ。

「じゃあいつプレゼント開けるの?」いや、それ誰がくれるんですかね。

これで分かった。欧米人にとって、クリスマスは相当に特別なようで、J君も6本のワインを買って移動していたが、すいません、クリぼっちだった皆さん、もう過ぎてるからいいですかね。ぶっちゃけ来年の私もアレなんですが、あくまで欧米人の意見ですからね。そういうわけで、「それなら私たち居るから来なよ!」みたいに言われていたのだ。

まぁ、同じホテル取れなかったし、彼女らも疲れてたんでその場で遠慮してお別れしたんですが、前日とはいえ何となく一人じゃなくてよかった。

 

失意のうちに宿に戻った私は、取りあえず白米だけ炊いて(翌日飛行機だからね)ふりかけご飯とポテチで済ます始末。ウニあると思って残しておいた醤油が悲しい。

 

さて、とか言いつつこの日も見たものがあるが、それは次の記事に譲ろう。バルパライソの真の実力はここからだ!

 

聖なる日々が、我を呼ぶ!

第三百三十五話 モーター・A・ダイアリー / 悲喜を越えて行け

出立172~3日目(通算422~3日目) アルゼンチン19~20日目 メンドーサ3~4日目 ~ チリ3日目 サンティアゴ1日目

 

 酒が残る事もなく起きられた。やはりいい酒だったのだろう。

朝食後にSちゃんとAちゃんを見送り、切符を買うJ君もそれについて行った。

「いやー切符の関係で今日の夜出るわー」という彼としばらく談笑し、こちらも情報集めを……ネット遅いな。つか動かねぇ。

 

昼過ぎに諦めて外出。ボデガを思ったより巡らなかったのはイイとして、よく見たら予備の財布から600ペソも発掘してしまったのだ。

これをチリペソに替える。うーむ、メンドーサはこれまでで一番、ドル→アルゼンチンペソがいいレートで交換できた。が、これはどこでもだがアルゼンチンペソからの交換は軒並み微妙。さすがは国際的信用度の低い通貨である。

 

f:id:haruki0091:20171223202413j:plain

中央にある公園にあった狐。なんか、どっかで見られるって聞いたな、そういえば。

 

その後、同じ部屋のフランス人(J君とは別)に勧められた、メンドーサを見渡せる丘に向かって歩き出したのだが……思ったより遠い!17時回ったのにまだ着かないぞ?!

治安のいい街とはいえ、暗くなったら嫌だし、ていうか疲れたし寝るし!

 

ということでスーパーに行ってホテルへ。丁度旅立つJ君を見送り、お料理。

 

f:id:haruki0091:20171223202607j:plain

初日の肉と残った野菜たち。ついでにチーズも含めて。

ワインは結局行けなかった有名なボデガのもの。当然マルベック種で、あとは柄で選びましたww

これも結構おいしかったなぁ。

 

翌日、1人寂しく朝食をして、宿を出る。バスターミナルまで2.5kmくらいだ。

 

さて、これからチリのサンティアゴまで抜けるわけだが、このルートはアンデス山脈の中を通る、非常に景観のいいルートとして有名だ。道のり的に7~8時間かかるので夜行もあるのだが、こういった理由で9時発のものにした。カードが使えるところで850ペソ。あ、左側がおすすめです。

 

これが確かに面白い。

f:id:haruki0091:20171224204627j:plain

地形にかなり違いがあって、こんな縞々模様の感じの他にもレインボーマウンテン的なものも。

f:id:haruki0091:20171224204717j:plain

その後方に見えるのが、おそらく、南米最高峰のアコンカグアと思われる。マジでデカい。デカいのが二つ並んでいるので、もう大興奮である。

 

f:id:haruki0091:20171224204749j:plain

壁みたいに見えますが、人工物ではなく岩盤。テーブル状になっている。

うむ、マジで面白いな、この景観。

バスの車内ではシビルウォーが流れていて、そっちも気になったが、音小さいスペイン語字幕だから、これはまたちゃんと見ればいい……いやでも気になる!

 

3時間ほどで国境に。相変わらず入国はスムーズだが、荷物の検査に時間が掛かる。お、ここの犬はちゃんと嗅ぎ回って優秀だな!

 

しかし一人ずつ荷物を開けられるといったことはなく終了。ま、マジか!

ボリビアとの国境ではあんなに手間かけたのに……。コカの扱いの違いが理由だとは思うが、妙にあっさりして拍子抜けだ。とはいってもX線検査とかはあるから生ものとかはやっぱり持ち込めないだろうけど。

 

しかしバスに乗ってからが妙に長い。これは誰かの手荷物が引っ掛かったんだろうか?だとしたらふざけた話だ。そういえば目の前に座っていた中年カップルが戻ってこない。コイツラずっと濃厚なキスシーン演じていたからイラついていたが、それで生もの持ち込んでたらカムチャッカファイヤーですな。

 

残った野菜とチーズで作ったサンドイッチは、この時までに食べきっていた。食べ物出ない、と聞いていたからだが、ちょっとしたお菓子とコーヒーは出た。アルゼンチンのバスは律儀だな。幸い、あのお菓子じゃなかったし。

 

結局2時間くらいで出発。おそらく1時間で通る想定だったのだろうから、到着は遅れるだろう。他の人のブログで「結局10時間かかった」というものもあったから、それを考えればまだマシだろう。

 

f:id:haruki0091:20171224204853j:plain

景観は楽しいが、アルゼンチン側の方が豊富かもなー。グルグルと狭い山道を下っていく。

 

何だかんだで1時間遅れの到着。サンティアゴのバスターミナルはすぐ目の前にメトロがあるのでこれを利用。まぁ、路地で降ろされたけどね。

 

チリのメトロは混雑時と平常時、早朝・深夜時で料金が違う。17時ごろは平常時で、660ペソ(チリペソは6で割ると大体日本円)、緑の切符だ。

そう切符!アルゼンチンは頑なにカード買わそうとして来るので、そのために使わなかったが、ここは切符なのでお手頃に行ける。もちろん、チャージ式のカードもある。

 

こうして宿の前まで辿り着いた私。三段ベッドという、一番上怖そうなところの2段目に。

その下に日本人のF君がいた。日本に帰ったりしているが、合計4年もやっているという猛者で、3年くらいは自転車旅だったという。

旅先で合った日本人で「自分探し」をしている人に出会ったことはないが(多分そういう人は長旅でも日本とか、身を守れるところに行くんじゃないかな、ファッション感覚だしとか思っていたわけだが)、彼は「いやー4年も探してるのにまだ見つからないんですよねー。これもう見つからないんじゃないかなー」と言っていた。そうか、見つからんかww

言いきられると、それはそれで清々しいものである。

 

スーパーに買い出しへ。と言っても1泊なので、野菜使い切るのもきついだろう。ここ暑いから持ち歩きたくないし。

 

というわけで、肉だけ買って焼く。

っていうかですね、チリは海鮮の国だって聞いてたんです、私。ほら、海岸沿いに細長い国じゃないですか。でもね、大きいスーパーなのに魚売ってない。いや、市場があるのは知っているけど、時間的にもう閉まってるでしょう、遠いし。だから日本の感じで、生では行けなくても焼く魚くらい肉と同じように並んでるだろうと思ったら、まぁない!ブラジルの牛肉とかしかない。普段何食ってるんだ、こいつらは。

 

f:id:haruki0091:20171224204924j:plain

そんな怒りを込めた、肉だけステーキ。

 

ま、味は落ちるね。

 

しかし、悲劇はここからだった。再びダニメニーバイト事件が発生してしまったのである!最っ悪だ……これから飛行機で長距離移動があるのに!

 

仕方なく明け方にソファーに移動した。キレイでキッチンも二つあっていい感じの所だったのだが、全て台無し。最後の最後でテンション落ちるなー。

 

もうさっさと移動しますよ!

 

海の幸が、我を呼ぶ!