新劇場版 世界の果てまで行って:破

新劇場版 世界の果てまで行って:破(仮)

このブログは、特撮オタクの私が、5年半努めて勤めた会社をやめて、ユーラシア大陸をめぐる物語である。〈背景のモデルはフルスクラッチです:自慢〉

第二百六十八話 M・オブ・デス / カリブの夢たち

出立25日目(通算275日目)メキシコ23日目 カンクン2日目(トゥルム)

 

 

蒸し暑くて寝苦しいが、一人一台扇風機があり、かつバス旅の疲れもあったので、ガッツリ寝て起きれた。さて、次の国の情報も集めたいが、まずは観光だ。

 

本日はバスに揺られて2時間半の遺跡トゥルムへ。昨日は2等バスしかなかったが、今回に限っては1等だと遺跡ではなく、街に止まるという噂もあり、それなら2等だな、と乗り込んだわけですが。おーい、今ゲート通過したぞー。

 

で、街に停車。おいっ!話が違う!

落ち着け、確かコレクティーボとかいうバンが発着してるはずだ。それに乗ればいい。

駅を出て、まぁ目的地の方に歩けば何とかなるだろうと思っていたが、これがいけなかった。

 

冷静に考えればそうだが、「あー、アレがコレクティーボかぁ」と認識した際にはもう走り去っていく後姿しか見れない!乗れへん!

まぁ、でもね、4kmもない道のりだから、と。幸い海も近いので、日差しは暑いが風は優しい。ちょっと汗をかく程度で到着。

そしてまた!チケットを求める長蛇の列!こっちのがしんどかった!

 

どうやらカンクンは欧米からストレートにINできるらしく、チケットはともかくとして物価が高いうえにUSD表記も並んでいる。故に欧米人も多い。おそらくチチェン・イツァーも同様の理由で混んでいるのだろう。

 

小一時間後に入手した時には体力が大分持っていかれていた。ええい、とにかく前進だ!

 

f:id:haruki0091:20170729005622j:plain

トゥルムの遺跡はジャングルで発展したマヤ文明が最後に辿り着いた海沿いの地であり、スペイン人が最初に目にしたマヤの都市でもある。小さいながらも三方を海に囲まれた城塞都市であり、13~5世紀のマヤ文明末期のレリーフも見られる、お得な施設だ。

 

師が白く見えるのは海沿いの地域だからだろうか。リリーフが中央に見えるが、これも特徴的。

 

f:id:haruki0091:20170729005847j:plain

「El Castillo」は最も高い建造物で、階段上の神殿入り口の柱には。蛇のモチーフがあり、トルテカ文明の影響がみられるとか。

マヤの神殿の常通り、中には古い神殿があり、その上から新しいものを築いている。

 

f:id:haruki0091:20170729005923j:plain

「Templo del Dios Descendente」

『降臨する神の神殿』は、中央あたりによく見ると逆立ちした感じのモチーフが見えるところから。雨の神チャックだ、とかマヤ人のハチに対する畏怖の表れだとか、諸説あるらしい。

少し色が残っているように見えた。

 

f:id:haruki0091:20170729005744j:plain

「Templo de Las Pinturas」

15世紀に3段階に分けて建てられた神殿で、壁面にはマヤ文明の世界観を象徴した装飾が施されているとか。

 

しかしすごい暑さで、もう限界である。

この遺跡のもう一つ素晴らしいところ。それは、ビーチに直結しているところである!

 

f:id:haruki0091:20170729010038j:plain

 

はい、来ましたよ、カリブ海が!!!パイレーツの世界遂に!

あーキレイ。これは海賊を目指しても仕方がないレベル。

 

ビーチはそこまで広くないが、白い砂浜から伸びる緑~青の海とスカイブルーの空につながるコントラストはえも言われるイメージ。

早速荷物をホッぽり出して泳ぐ!あー気持ちいい!かいていた汗も、上がった体温も、全てはこの時のためだったと言わんばかりの心地よさ!うーん、きれいな海はすべてが楽しい。

 

しかし、ですよ。野郎一人には限界がある。遺跡の中だからビールだって売ってないし、なんか水着ギャルにもときめかない。海の家も微妙な味のカレーもラーメンもない!くっそ!これで今日の海水浴は終わりじゃ、ボケっ!

 

そういえば、前回のブログに載せたイグアナが、遺跡内はおろかこのビーチにもおり、人を気にせず意気揚々と歩いていた。海イグアナ?

 

f:id:haruki0091:20170729010000j:plain

遺跡の一部とパシャリ。海からも取ったりしたが、砂が混じった水があんまりきれいじゃなかったんで、そっちはやめときますね。

 

こうしてショートトリップは終了。我慢できずに買ったコーラは19ペソで、高いが、価値のある一本であった。というか、ここのとこ昼飯がコーラ。コーラの糖分で生きている私である。

 

帰りのバスを探していると、入り口付近にミニバンの運転手たちが。これで途中の街まで行き、乗り換えていけばカンクンの街まで行けるという。しかも安い。

乗ってきたバスのチケット売り場も見当たらないし、というかまた街まで行かないといけないかもなので、これでいいやと乗車。小型なのでいろんな人とくっつきながらだが、軽快に飛ばす。いいぞ!先日の2等バスにはイライラしたが、これは大きいのもガンガン追い抜いていく。気分がいいぜ!

「Playa del Carmen」での乗り継ぎもすぐ横に次のが止まっていたのでスムーズ。

40+40ペソでカンクンまで。

どこやねんと思っていたが、今朝ほど出発したADOの大通りを挟んだ向かい側のデパートの駐車場だった。知っていれば、これに乗ったのになぁ……

 

そうしてメキシコ最後の夜ということで、屋台のタコスを。

f:id:haruki0091:20170729010134j:plain

チーズ入り17ペソ。カンクンは物価が高いが、具が多かったこともあり、まぁ、満足かな。ラストタコス。ついも一個頼んじゃったよ。

 

さて、明日からはキューバだが、なんとキューバさん、町の広場でチケットを買うとかしないとネットができないというこれまでのどの国よりもやりづらい国。当たり前だが、速度も遅く、つまりこのブログも更新できない!一番私が困る!!

 

ということで、おそらく出国してから再開となりますので、その時まで!

 

戦士の魂が、我を呼ぶ!!